トースターでガーリックバターフランスを作ってみた!

トースターでガーリックフランス
     トースターでガーリックフランス

トースターでガーリックフランス

ルナミです。フランスパンにガーリックバター色んな料理に合いますね。

休日なら朝食に出しても喜ばれそうです。

今回は硬くなり過ぎないようソフトフランスにしてみました。

いつも行くスーパーには生のバジルがありません。でもチューブのバジルを見つけたので、半分は生地にこれを入れて作ってみようと思います。

トースターでガーリックフランスの材料(生地・8個分)

トースターでガーリックフランスの材料(生地)
  トースターでガーリックフランスの材料(生地)

材料(生地・8個分)

強力粉180gポイント
薄力粉20g4円
ドライイースト3gポイント
砂糖3g1円
3g2円
牛乳150g26円
合計 33円

トースターでガーリックフランスの材料(トッピング・8個分)

トースターでガーリックフランスの材料(トッピング)
トースターでガーリックフランスの材料(トッピング)

材料(トッピング・8個分)

バター(有塩)40g72円
にんにくチューブ5g12円
ハーフベーコン4枚70円
バジルチューブ5g14円
強力粉   (打ち粉用)10gポイント
小さじ8
合計 168円

生地(8個)【33円】+トッピング(8個)【168円】=合計【201円

トースターでガーリックフランスの作り方(8個分)

①ボウルに強力粉と薄力粉を入れ混ぜる。砂糖とイーストを入れて、塩は離すように端の方に入れる。

②牛乳をレンジ600Wで20秒温め、イーストめがけて流し入れる。ゴムベラで生地をまとめていく。

③粉っぽさがなくなったら手で生地をこねる。途中ボウルに叩き付けながら10分~15分位こねる。

④生地がまとまってきたら丸くして綴じ目を下にする。ボウルや容器に入れラップをして40℃で40分(常温なら90分~120分)発酵する。1.5倍~2倍になったら一次発酵終了です。

⑤強力粉を振った台に④を出し2等分に分ける。1/2の生地を手で軽く押さえて広げてバジルを塗り、全体に散らばるよう何回か上下に折って混ぜ込む。

⑥それぞれの生地を4等分にし、8個を丸め直す。綴じ目を下にしてラップをかけて15分ベンチタイムをとる。

⑦クッキングシートを天板より長く切り、生地がくっつかないようシートを3ヵ所山型に折る。

⑧台に打ち粉を振り生地の綴じ目を上にして置き、麺棒か手で広げ上下を折りたたむ。更に半分に折りたたみ綴じ目をしっかり綴じる。

⑨クッキングシートを敷いた天板に⑧を並べて、ふんわりラップをして40℃で40分(常温なら60分~90分)発酵させる。ひとまわり大きくなったら二次発酵終了。

左側4個プレーン生地・右側4個バジル生地
  左側4個プレーン生地・右側4個バジル生地

⑩常温に戻したバターに、にんにくを入れ混ぜ合わせる。ベーコンは粗みじん切りにする。

⑪⑨の生地に包丁を濡らしながら真ん中に1本切れ目を入れ、そこに水小さじ1ずつ垂らす。210℃に予熱しておいたオーブントースターで210℃で10分焼く。

⑫1回トースターから出しにんにくバターを塗り、ベーコンを乗せて210℃で6分~8分焼いて完成です。

左側4個プレーン生地・右側4個バジル生地の焼き上がり
左側4個プレーン生地・右側4個バジル生地の焼き上がり

※ポイント・・・バリっとしたフランスパンにしたい場合は、強力粉160g+薄力粉40gで作ってみて下さい。

ベーコン・バジルチューブに塩気があるので、有塩バターを無塩バターで作ってもいいです。

今回は有塩バターをたっぷり塗ったのでガツンとした味になり、パンだけでも主食になりそうです。

まとめ

手間は掛かりますが焼き立てのパンは手作りでしか味わえません。

美味しくて2日目でなくなりました。もっと沢山作りたいのですがトースターで焼くにはこれが限界です。

チューブのにんにくとバジルこれでも十分美味しいパンが焼けて大変満足です。

バジルが無い生地も両方美味しかったです。このチューブのバジルは色んな料理に使えそうです。38gで税込【105円】で買えました。(チーズパウダー入り)

マルゲリータ作りたかったから、これで今度作ってみます。